MEDIA HACK [メディアハック]

海外メディアの動向をお伝えするメディア [メディアハック]

Snapchat と Daily Mail、WPP Agencyの3社、コンテンツマーケの新会社を設立

カンヌでわりと驚きの発表。Snapchatが、Daily MailとWPP Agencyと一緒にコンテンツマーケの会社を設立するんだとか。

新会社の名前は、トリュフ・ピッグ(Truffle Pig)。曰く、トリュフを探すブタみたいな、良質なコンテンツを発見する会社になるとのこと。(スナチャっぽいネーミング?)

この新会社では、コンテンツの企画制作、ソーシャルメディアを利用したプロモーション、視聴者のデータ分析などをおこなっていく予定です。Snapchatの社会的リーチと、Daily Mail のニュース報道を組み合わせて、ブランドに訴求していきます。

 

言うまでもなく、WPPは世界最大の広告コングロマリット。Daily Mailは、イギリの新聞ですが、わりとカジュアルなゴシップとかもバンバン出しています。 このニュースが面白いのは、いろんな理由があります。

まず、この3社という組み方です。Daily Mailは、訪問者数で世界1位のオンライン新聞「Mail Online」を所有しており、ミレニアム世代から人気の「Elite Daily」を買収するなど、次世代のコンテンツに深い理解と関心のある企業です。

Snapchat と WPP とともに、ここに食い込んでくるとは、改めてDaily Mail が次世代の広告・コンテンツに本気だということを示しているでしょう。

そして、もちろんSnapchatの広告商品「V3」が、世界最大の広告企業と(次世代に目を向けている)レガシーなメディア企業と組みながら、盤石な姿勢で売り出されていくことも、興味深いです。

(ちなみに「V3」とは、バーティカル・ビデオ・ビューの頭文字で、縦長動画による広告商品です。)

 

もちろんこの会社がどこまで上手くいくかは未知数ですが、マーケティング・プラットフォームとしてのSnapchatにますます注目が集まること、そしてここにはレガシー・メディアも乗らざるを得なくなること、など期待感の大きいニュースだとは思います。

いやあ、それにしても、カンヌのヨットの上でこれを発表するEvan Spiegel はカッコ良すぎますね。 

www.dailymail.co.uk

広告を非表示にする